クラウドサービスの導入による3つの期待

BCP対策としてのクラウドサービス

BCPというのは、地震などの自然災害、アクシデント、感染症、あるいはテロなどといった緊急事態が発生した場合に、企業のビジネス活動が停止しないよう策定する計画のことを言います。もし業務が停止した場合でも、そこで発生する被害を最小限して、なるべく早期に復旧し業務を再開させるための手段を取り決めておくことも重要な目的となっています。例えば、サーバセンターを管理している企業が、長時間の停電に備えUPSを用意することや、バックアップサーバを用意しておき、また非常時の際の復旧手順を策定しておくというのもBCPの事例となります。

震災を経験して、企業の多くがこのBCPの策定を行うようになってきましたが、実際のところとしては、策定することのみで終わってしまうことが多いようです。いざという時、そこで取り決めたことが有効に働くようにするためには、余裕のある平常時からテストや訓練を何度も繰り返し、そこから問題点を浮き出させて、見直しを繰り返していくことが重要です。

話題のクラウドについての話はすぐわかるこのサイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2017クラウドサービスの導入による3つの期待.All rights reserved.