クラウドサービスの導入による3つの期待

クラウドサービスと広がり

クラウドサービスが注目されだしたのは、数年前からで、米国のクラウドサービスの企業が政府の顧客管理の仕事を受注して、僅か3週間でシステムを構築してしまってから、大企業などが目をつけて、プライベートクラウドを、自社で構築し始めたのが最初だったということで、まだ4,5年しか経っていない歴史があります。今では企業の規模を問わず利用されているサービスになっています。また企業にかぎらず、行政や医療、教育などの分野でも盛んに使われているサービスになっていて、どの分野でも利用できるので、これからは増々人気のサービスになっていくのではないかと思います。特に支店や地方の支社などがたくさんある企業や、販売店がたくさんあるチェーン店などは、非常にメリットがあるシステムだということができます。

一般で最初に注目されたのが、東北の大震災の時で、通信のためにアクセスが集中する中で、クラウドサービスが災害情報などの配信を支える中心的役割をになったということが挙られています。また出社できなくなるということもあり、出先での連絡ができないということもありますが、その時にもクラウドサービスがあれば、自宅や出先で仕事や、その後の対策などの対応ができるということになります。また災害でなくても、自宅から仕事ができるシステムは、非常に使いやすく、自宅がそのまま職場にもできるということになります。最近は成果主義ということで、時間の拘束が緩められてきていますので、その意味でも非常に便利なシステムではないかと思います。これからの社会の中心になっていくのでしょう。

Copyright (C)2017クラウドサービスの導入による3つの期待.All rights reserved.